おまとめローンで借金地獄から抜け出そう

クレジットカードのリボ払いが増加して月々の支払いが増加したり、カードローンの残債が増えると、いくつもの支払いが毎月続くこととなります。
金額も大きくなり支払遅延の危険性も高くなります。
その前に、借入金の一本化を図る必要があります。

 

クレジットカードのリボ払いは非常に金利が高くなっています。
また、毎月の賦払をしていますが往々にして支払利息相当にしかなりませんから、元金相当額は減っていきません。
そのため、既存のカードローンの融資枠に残額がある場合にはそれを使って、リボ払いの残債をゼロにする必要があります。
また、リボ払い専用のクレジットカードは早期に解約すべきです。

 

もし、これ一つのカードローンに借金を一本化できるのであれば、そのカードローンの返済に集中すればいいのですが、そうはいかないというのであれば銀行等が企画しているおまとめローンを検討するといいでしょう。
また、融資枠を年収の3分の1と決められている信販会社も、同業者からの複数の借入金であれば、融資枠の制限を超えてひとまとめにするローンを提供しています。

 

これらのローンの利率は、融資金額が大きくなる分低く設定されていることが多いですし、毎月の返済額も低めに設定することが可能です。
ただし、返済額を低めに設定すると返済期間が長くなるのでその点注意が必要です。
なお、余裕があるときは増額の返済ができますから、その場合は返済期間の短縮が可能です。

 

このようにして借入金を一本化することにより、毎月の返済額と返済完了までの道のりが見えます。
また、毎月の支払が一本化されるため、自分自身気が楽になります。
毎月資金繰りに振り回されているような状況から、とりあえず抜け出すことが可能になります。
次は、完済を実行して完全に借金地獄から抜け出しましょう。